FC2ブログ
食料危機に備える!?(里芋を育ててみます♪)
2020/04/19(Sun)
2020年4月16日(木)

約1ヶ月前でした。
ミツバチ(巣箱を1つ)を購入させて頂く為、
埼玉県養蜂協会北足立支部のNさんの蜂場へお邪魔しました♪
畑に自生する菜の花とみつばち(2020年3月17日) Nさんの蜂場(2020年3月17日)
Nさんの養蜂場は、南側が有機栽培の畑になっていて
憧れのシチュエーションでした

但し、そこが畑だと気づくのは、帰り際。
Nさんから「お土産に」と、お野菜をプレゼントして頂いた時。

それまで、雑草だと思っていたその場所は!!!!
えっ?雑草じゃなかったの?(2020年3月17日)
春菊あり、ほうれん草あり、(大根には気づきました)・・・
人参、ネギ、里芋まで~! まるで、宝の山~~~
人参も!(2020年3月17日) 里芋まで!(2020年3月17日)

「有機栽培」と「自然栽培」の違いは、まだ勉強不足で不明ですが、、、、

「ミツバチの飛び交う畑で、たくさんの作物を作る」
今現在の、私の、最高の夢、憧れ、目標なのです
Nさん、凄~い!!素晴らしいですっ


・・・ところで   
この日頂いた、たくさんの新鮮お野菜を
自宅で少しづつ、お味噌汁などに頂いていましたら
ある日・・・ ん!?!!
根津さんの有機栽培の畑で採れた里芋(20200416-1)
元気な芽が生えているではありませんか♪

これは素晴らしい!!
来るべき食糧難に備え・・・は、大げさですが
ネット検索で素敵な動画を見つけたので・・・

https://www.youtube.com/watch?v=cwA2KiMbwRQ
「プランターでサトイモはこうして育つ」
深町貴子さん、ありがとうございます


早速、やってみました♪

Nさん、ありがとうございます
根津さん、ありがとうございます(20200416-2)

まず、プランターの鉢底に軽石を敷き、次に、野菜用の土を入れます。
まず軽石を鉢底に(20200416-3) 次に野菜用の土(20200416-4)

そして、種芋ちゃんを♪ 
かわいい芽を上にして(20200416-5) 芽だけが土の上に出るように(20200416-6)

4つともプランターに植え付けしたら、たっぷりお水をあげましょう
4個とも植えてみます(20200416-7) たっぷりお水をあげましょう(20200416-8)

完成!これから、毎日観察しましょう
日当たりのいい南側で育ててみます(20200416-9) 頑張れ~秋に収穫できるかな(2020416-10)

今年の秋に収穫できたら、凄いな~ 楽しみだな~

「プランターで食糧危機に備えよう」計画 発動! なんちゃって(笑)

もし、収穫できたら、Nさんにもお届けしなくっちゃ


*** 追記 ***

この後、ABSオフィスアテンダントSちゃんにお手伝いして貰って
アステリVIPのお花の植え替えもできました♪
⇒ 緑豊かなアステリVIP

Sちゃん、ありがとう

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
養蜂場が賑やかになってきました(*^_^*)♪
2020/04/19(Sun)
2020年4月7日(火)

待ちに待っていた貝瀬さんのミツバチレディを迎える日が来ました!
養蜂歴50年以上、日本養蜂の歴史でも有名な
貝瀬収一さんが育てられたミツバチを頂く日です

16時頃 到着すると蜂場は、桃の花満開のミツバチの楽園でした))
花満開の蜂場(20200407)
貝瀬さんのレディ達は、いつも本当に元気です
健康そのもののミツバチレディ♪(20200407)
しかも、今年は、日本の古い文献(青柳浩次郎氏の研究)を参考に
実証実験に取り組まれていました
手作りの巣箱で研究中とのこと。素晴らしい!(20200407)
(初めてお会いした時から、貝瀬さんは、種蜂屋さん、とか、養蜂家さんというより
大学の先生(研究者)みたいだな・・・と、勝手に感じています(笑))

さて、その貴重なミツバチレディ達を車に乗せ))
自分の蜂場へ到着した時には、すっかり夕方。
養蜂場に到着!お疲れ様(2020407)

準備していた場所へ巣箱を設置すると、※早速、巣門を開けます
設置したらすぐに巣門を開けます(20200407) ミツバチが元気に飛び出します♪(20200704)
レディ達が元気に飛び出しました♪
「お待たせしました~おしっこしておいで~

今回、貝瀬さんから重要な事を教えて頂きました

これまでは、
設置してから落ち着くまで30分~1時間は巣門を開けない事。と
思っていたのですが、、、、
※巣門はすぐに開けたほうがいいとの事でした。
※ただし、内見はダメ!せめて2日間は待って、フタを開ける事
との事だったのです。女王蜂の確認も後日、ですね

貝瀬さん、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します

さて、私の養蜂場も巣箱が5つになり、やっと賑やかになってきました
少し離れた巣箱(左の1つ)(20200407) 2020年4月7日巣箱が5つになりました♪(20200407)


<詳細な記録記事は後日にしますが、約1週間後、4月12日の蜂場の様子>

ミツバチの家族も増えています♪
2020年4月12日(中央) 2020年4月12日(東)





この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
植物って凄い!!(玉葱の成長♪)
2020/03/21(Sat)
冷蔵庫の片隅でひそかに育っていた玉ねぎを大地に植えたのは昨年末
コレな~んでしょ♪(20191223) 養蜂場の隅に埋めてみました^^♪(20191223)

令和2年(今年)2月18日
芽が出ていたので、びっくり!!))  )) 
2020年2月18日の玉ねぎさん

それ以来、養蜂場へ通う度に気にしています

3月3日
2020年3月3日の玉ねぎさん

3月11日
2020年3月11日の玉ねぎさん

3月13日
2020年3月13日の玉ねぎさん

もし、花が咲いたら種が取れるかな~♪
その種を蒔いたら、新しい玉ねぎができるのかな? 
ん?F1種だったら、ダメかな?
固定種じゃないと無理かな???

・・・それにしても植物の生命力はすごい!
年末のピザの食べ残し玉ねぎ、だったのに。

・・・そういえば、週末に読んだこの本も圧巻でした
オーバーストーリー

植物は周囲の植物と会話をしているようです。
自己犠牲で仲間の動植物を生かしているみたいです。

樹齢1000年や2000年を超えて生きるセコイアの木などからすると
私達人間なんて、赤ん坊のような存在なのでしょうね。

地球で生きる全ての生命の、大先輩である植物

光合成をして酸素を生み出してくれる植物
人間の「衣食住」の元になってくれている植物

地球に植物が居なかったら我々は生きていけません。

オーストラリアの森林火災が心配です
アマゾンの森林破壊も心配です
今年大発生しているイナゴも気になります。

植物を大切にしなくては・・・


このブログのタイトルでもありますが・・・
2020年3月17日 Nさんの畑の菜の花とミツバチ♪

みつばちと緑と地球に感謝です。

心より、ありがとうございます


この記事のURL | 紹介したい本 | CM(0) | ▲ top
干場英弘先生のご本が素晴らしい!
2020/03/14(Sat)
2020年3月13日(金)

2日前に九州から届いた巣箱2つ。 この日はお引越しです。
2日前に設置した巣箱(20200313)
この2日間、養蜂場周辺のお花は満開&快晴だったので
働き者の彼女達がじっとしていられる筈もなく・・・
桜も満開(20201311撮影) 桃も満開(20200311撮影)
心配していたのですが。。。。 ))

うわっ!!やっぱり~(>_<) 予想通りでした。
うわ!やっぱり(20200313)
新しい家族の為に、せっせと自宅を増築中!
ピーク時には1日2000個の卵を産む女王蜂ですものネ。

早速、ダンボールの仮設住宅から永住できる巣箱へお引越させます。
1枚づつお引越し♪(20200313) 作業はゆっくり丁寧に驚かさないように(20200313)

そしていよいよ
尊敬する干場英弘先生のおっしゃる「ビースペース」を実行する時です
干場英弘先生の新刊はバイブル♪(20200313)

まず、「育児圏では三角コマを外します」
三角ゴマを外します(20200313) なかなか外れないノダ(汗)(20200313)
取り外したスペーサー(20200313)

1箱目完成!ごめんね~、びっくりしたよね、お騒がせしました。
ごめんね。お騒がせしました(20200313)

さて、2箱目。
ん? さっきより重いけど・・・
さて、次の箱。ん?重っ!(20200313)

こっちもだわ~!凄~い
凄いことに!(20200313) コチラも1枚ずつ・・・(20200313)

去年から保管していた、空巣脾を入れます。
スムシ居ないかな?大丈夫かな???
この空巣脾大丈夫かな?(20200313) たくさん産卵してね~(20200313)
最後に段ボールに残ったレディ達を入れて・・・
最後に残った子達・・・(20200313) とりあえず引っ越し完了(20200313)
とりあえず、2箱目も引っ越し完了!

【元気で家族を増やしてね~】と、うっとり眺めていたら
元気で家族をふやしてね~♪(20200313) うっとりしていたら蜂だらけだった背中((笑)(20200313)
どうやら背中はミツバチレディさんだらけだったうようです((笑))

今年春から参加の新メンバー養蜂部員№4!M・Yさん
慣れないながら、必死の撮影ありがとう
新メンバーMさん撮影ありがとう!(20200313)

彼女たちが生存と家族拡大の為に段ボールに増築した住まい。
段ボールに残った巣(20200313) 芸術作品のようです(20200313)
まるで、芸術作品のようです

そして!!
干場先生のご本や貝瀬さんのご指導を、ありがたく頂きながら・・・
干場先生とひとみ先生と♪ 蜜蜂の神様???
今年こそ
「元気なミツバチを沢山増やし、必ず越冬させるゾ!」
と、心に決めるのでした。。。


干場英弘先生の今年の新刊(2020年1月30日 第1刷発行)
「 蜜量倍増 ミツバチの飼い方 これでつくれる「額面蜂児」 」
尊敬する干場英弘先生のご本♪(20200313)
私にとってはバイブルです

既に、第2刷発行となっているようです!さすがは干場先生




この記事のURL | 紹介したい本 | CM(0) | ▲ top
九州から長旅お疲れ様~(*^_^*)
2020/03/14(Sat)
2020年3月11日(水)

待ちに待った、今年のみつばちレディが九州から到着しました!

春真っ盛り、花満開の養蜂場へ  )) )
養蜂場周辺はお花でいっぱい♪(20200311) 桃も満開♪(20200311)

長旅で2日以上、閉じ込められているミツバチレディ達
お花の香りに大興奮です!! (ジャワジャワ・・ざわざわ・・)
ミツバチちゃんお花の香に大興奮(20200311)
出たいよね~もう少しだからね~

とりあえず、予定していた場所へ設置。入口を開けるのは1時間後です。
九州から長旅だったね~(20200311)
今年から養蜂部へ入部した新メンバー部員ナンバー4番のM・Yさんと記念撮影。
今年から養蜂部へ参加のM・Yさん♪(20200311) 記念撮影♪(20200311)

周辺のお掃除をしていると、あっという間に約1時間!
設置から約1時間後(20200311)
さぁ!ミツバチさん、お待たせしました!開けるよ。
いよいよ開けます!(20200311) さぁ!どうぞ♪(20200311)

とっても元気!早く場所を覚えてネ(20200311) 埼玉へようこそ♪

レディ達、元気に飛び立って行きました!埼玉へようこそ
早速飛んでいきます!(20200311) 見つけた?(20200311)

美味しい?(20200311) 花粉団子も大きくなったね♪(20200311)

元気に家族を増やしてネ


*** 追記 ***

この日見かけた、みつばちレディの花粉団子づくり
おしべに掴まって、器用にお団子作っていました♪



この記事のURL | みつばち(春) | CM(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ